IPSJ  BTI

Behavior Transformation by IoT

第2回研究会(BTI2)
開催案内はこちら

NEWS

開催案内を掲載しました。

情報処理学会IoT行動変容学研究グループ
第2回研究会(BTI2)開催のお知らせ。

開催案内はこちら 詳細・参加申し込みはこちら

第2回研究会(BTI2)開催概要

内容 詳細
タイトル 情報処理学会IoT行動変容学研究グループ 第2回研究会(BTI2)
主催/ 協力 主催: 情報処理学会IoT行動変容学研究グループ(SIG BTI)
協力: 情報処理学会関西支部行動変容と社会システム研究会(BCSS)
開催日時
2022年11月21日(月)〜11月22日(火)
開催場所
大和高原ボスコヴィラ
〒632-0251 奈良県奈良市針町3918
アクセス:http://www.boscovilla.jp/acsess.html
開催形式 下記のどちらかを予定します。新型コロナウイルス感染状況により判断します。
(a)現地 + オンライン開催により開催いたします。
(b)オンライン開催
参加費用 *現地参加の募集は、募集人数に達したため、締め切りました。・宿泊付き(大和高原ボスコヴィラに宿泊、2名1室または3〜4名1室):お一人様20,000円(宿泊、学会参加費含む)
・宿泊付き(大和高原ボスコヴィラに宿泊、1人部屋):お一人様25,000円(宿泊、学会参加費含む)
・宿泊無し:13,000円(学会参加費、昼食代含む)

設立趣旨

昨今、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、生活様式が急速に変化しており、新時代の生活様式に合わせた人の「行動変容」が求められている。
また、多様な科学技術の発展により、人間の生活を豊かになり、利便性が高まる一方で、期待される恩恵とは異なる方法に進み社会問題を生じる場合も出てきた。
そのため、特定の価値観を押し付けず、個人の生活を尊重しながら社会との調和を実現できるような、人と技術の関わり合いについて体系的に行動変容について議論の場を設けることが急務である。そこで本研究グループでは、個人に最適化した行動変容を促進するために、IoTを組み合わせた行動変容に関する研究について幅広く議論する。

設立趣旨続きを読む

協賛企業

情報処理学会 IoT行動変容学研究グループでは、様々な企業様に協賛いただいております。

Gold Sponsor

株式会社KDDI総合研究所

Silver Sponsors

株式会社NTTドコモ

株式会社UACJ

Bronze Sponsors

カディンチェ株式会社

株式会社リンクアンドコミュニケーション